肩こり

PF11の即効性で頭痛防止に

 

私はいわゆる頭痛持ちというやつで、少し油断すると目の奥からズキズキと始まります。頭痛薬は必需品。だけど出来ればあまり薬には頼りたくありません。ある日街中で頭がすごく痛くなって、痛みに堪えられないというよりなんだか無性にイライラしてしまったことがあります。頭痛に限らず、体の痛みや不調というのは、普通に生活することの難易度が上がりますよね。ただ楽しく買い物をしたいだけなのに、頭が痛いせいで全然楽しくない。

 

もう嫌だと思って薬局に行ったのですが、薬局のおじさんはすごく私を心配してくれました。それでイライラはほとんど消滅。よく効く薬もくれましたが、やっぱりあんまり薬に頼らない方が良いと言います。それからはおじさんの言う通り、薬にはできるだけ頼らないようにしているものの、やはり頭痛には襲われることの多い日々です。

 

頭痛の原因は、実は気付くのが遅かったのですが目の疲労と肩こり。

なぜそんな簡単なことに気付かなかった時期があるのかは後でお話ししますが、以前の私には、頭痛はいつのまにかやって来る嫌なやつという認識で、避けられないことだと思っていたのです。

 

目の疲れや肩こりが原因と分かればこっちのものだと思いましたが、それらを解消する術というのはなかなか見つかりません。ライターという仕事をしていると、パソコンに向かう時間は長く、パソコンを使っていないときはたいてい何か読んでいるという生活。目も肩も疲れない訳がない。

 

そんなときに知ったのが、PF11という痛み止めクリーム。炎症を抑えるクリームですが、肩こりにも効果抜群。なにより即効性があると言います。

 

さっそく使ってみると、聞いていた通りの即効性にびっくり。頭が痛くなってくると、かならず肩と首を繋ぐ筋肉(僧帽筋?)のどこかに痛いポイントがあるのですが、始まったなと思ったら休憩して痛む箇所を中心にPF11を塗る。本当に塗った直後に楽になります。はっきり痛みが治まります。肩こりの段階で対処できれば、ほとんど頭痛にはなりません。

 

これは、おすすめ。もし私のように、日々の仕事や暮らしの中で、肩こりから頭痛に悩んでいる方がいれば、絶対に持っていて損はないクリームだと思います。

 

PF11

PF11

肩こりが原因の頭痛と戦うライターが出会ったPF11というクリームの話。記事一覧

頭痛の原因に気付かなかった理由一昔前は頭痛のことを、ふいにやってくる災害のように考えていたのですが、だんだんパターンが掴めてきました。原因は簡単、目の疲れからくる肩こりです。つまり、目の疲れが先か肩こりが先かは分からないけれど、どちらかが疲れると必ず頭痛となって表れる。そんな簡単なことになぜ気付かなかった時期があるのかと言うと、それまではただ街を歩いているだけでも頭痛が起きたからです。街の中は毎日...

背筋を伸ばしてみると頭は非常に重たいから、それを支えている首にはすごい負担がかかっているらしいです。ボウリングの玉と同じぐらい重たい頭を、手の上に乗っけてまっすぐ上に掲げれば、重さはそれほど感じない。だけど、玉を持って掲げている腕を、前傾させるとかして少しでも頂点からずらすと、その重さをたちまちに感じて、堪えられなくなる。猫背というのはまさに、ボウリングの玉を前傾姿勢で支えているような負担を首にか...

なぜPF11は痛みが取れるのかPF11を塗るとなぜそれほど簡単に痛みが取れるのでしょうか。販売サイトを見ると、炎症や血行促進に良いとされる成分を(おそらく認識できている限り)全て配合、しているらしいです。そうすると11もの数の成分を配合することになったのだとか。痛みや筋肉疲労に効く成分を全て配合しているのなら、効き目の早さにも納得ですが、全部混ぜて大丈夫なの?という心配も少し。すごく刺激が強くなっ...

あらゆる労働のお供にPF11を元々頭痛になりやすかったことと、ライターという仕事柄、目を酷使する時間が長いこととが相まって、頭痛に襲われる日々が多い生活を送っていました。きっと自分に合った薬を痛くなったらすぐ使うように心がければ、一日が台無しになるような痛みからは解放されるのだと思います。しかし、いつか薬局で薬を選んでくれたおじさんの、あまり薬は使わない方が良いという親切なアドバイスがまだ頭に残っ...